[PR] 看護師 求人 サムライロックライトニングねんぷち製作レポ【ほぼ私信】

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | TOP↑

≫ EDIT

ライトニングねんぷち製作レポ【ほぼ私信】

100129_2052~0001


先日、シガーレスに誕生日プレゼントにライトさんの改造ねんどろいどぷちを進呈しました。
途中なのに強奪されたので、半端な出来なのですが…
工程を一通り説明したけどよくわからんと言われたので、記事にしてみます。

うん きっと間違いだらけ!なんといってもにわか仕込みの造形だから!


そんなわけで、興味を持たれた方は続きから。
なんぞいいアドバイスなんかあれば、今後のためによろしくお願いします。


ベースはボカロねんぷちのMEIKO、顔はハクです。

工程1:塗装をおとす

<使ったもの>
・ダ○ソーの瞬間接着剤はがし
(成分表示でアセトンの入ったものを選ぶこと。)

塗装を落としたいところに直接塗って、すぐティッシュで拭き取ります。時間かけると表面も溶けます。

100125_2153~0001
結構きれいに落ちました。

そのあと鍋でグツグツ煮る…らしいのですが、チキンなので一分くらい熱湯の中でぐるぐるさせてから、水分をとって乾燥。はがし剤をよく落とさないと、この先いろんなものがのらないそうです。


工程2:パテを盛る
100115_0043~0001
これは盛ってる途中の画像。

<使ったもの>
・ポリエステルパテ『モリモリ』
・プラ板
・瞬間接着剤
・耐水ペーパー400番くらい
・ダ○ソーのリューター
・マスキングテープ

 まずベースになるねんぷちのいらん部分をゴリゴリ削ります。
 表面をペーパーで荒らして、そこにパテを持っていきます。
 パテはポリエステルパテ、いわゆるポリパテを使用。髪の毛とマントは土台に瞬着でプラ板を貼り付けました。
 しかし、こう、もとが平たいものなので、次やるときはエポキシパテで髪の毛のベースをつくろうとおもいました。

 パテを盛る前に、パテがついてほしくないところと、パーツをはめ込むところはマスキングします。
 パテとか塗料がつくと、パーツが太くなってうまくはまらなくなるので注意。
 この時点でパーツに持ち手をつけておく。困ったのでとりあえず綿棒とかにつっさしてお茶を濁しました。

 硬化剤とパテをよくまぜて盛っていきます。
 いっぺんに盛ると垂れるので、乾いては盛り、の繰り返しをして、なんとなく好みのボリュームまで盛っていきます。


工程3:削る
100117_0112~0001



 硬化したら、カッターでゴリゴリ削って、バランスを見て、削りすぎたらまたパテを盛って削り、を繰り返して、気がすんだら400番くらいのペーパーで表面を整えます。


工程4:サフを吹いて、傷とか埋める
100124_1849~0001


<使ったもの>
・サーフェイサー(大きい傷用)
・タミヤパテ

表面の傷とか気泡とか見るために、サーフェイサーを吹きつけます。サーフェイサーが完全に乾いたら、表面を整えます。気が短いので、待てなくてヤスると無残によれます。そう 化粧直しに失敗したときの ように。

納得するまでサフ吹いてヤスってを繰り返す。あんまりにもでかい溝の時は、タミヤパテを盛って、硬化してからヤスりました。


工程5:塗装

<使ったもの>
Mr.カラーのホビーカラー各色
と、いってもCMYKと白とシルバーくらいしか買いませんでした。
 ネイルアート用の筆が便利でした。

 エアブラシとかないので、筆で地道に重ねていきます。三回が限度。一回一回完全に乾いてからやるのがコツ。
 (うっかりヨレてへこむこと数回。)

 ツヤありよりツヤ消しのがムラになりにくい。
 塗料皿にラップかけておけば、しばらくは乾燥も大丈夫。


工程:6デカールを作って貼る

<使ったもの>
・インクジェット用ホワイトデカール(転写シート)
・トップコートスプレー(光沢)
用意するものは、買ったデカールの注意書きでかわるかも。

 まず、目とか細かいパーツとかをPCでさっくり描き、大きさを確認して、デカールに印刷します。
 インクが乾いたら、トップコート(光沢)を吹く。ちょっとずつ、何回か重ねるといいようです。

 そのあと、使いたい形に切り取って、断面にもトップコートを吹く。
 余白が十分にあればこれをしなくてもいいらしい。

 この処理をしないと、水につけた時インクが流れ出すそうです。

 トップコートが完全に乾いたら、水につけて、表面のフィルムをはがし、貼りたいところにのせて、位置を微調整。
 場所が決まったら、綿棒で水分をとって軽く固定させ、乾かす。


工程:7仕上げ

最後に、好みの質感のトップコートを吹いて、かわかして、完成。
今回のは半光沢を使用。


だいたいこんな感じでした。

次は部キャプねんぷちをつくるぞー!
スポンサーサイト

| Diary | 16:04 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://bushirock.blog10.fc2.com/tb.php/134-a67e0c62

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。